忙しい人にぴったりな宅配ボックス

いつでも荷物を受け取ることができるところがメリット

普段仕事で忙しい人の中には、宅配の荷物を頼んでいてもなかなか指定の時間に受け取ることができない、何度も不在届が入っていて連絡するのが面倒臭いと感じている人も少なくありません。そのような悩みを抱えている人にとって、宅配ボックスが共用の設備として設けられている賃貸物件は大きな魅力となっています。宅配ボックスが設置されていれば自分が不在で荷物を受け取れなかったとしても、宅配ボックスに荷物を入れてもらえるので都合のいい時間に受け取ることができます。

また宅配業者と顔を合わせなくても荷物を受け取れるという点は、女性の一人暮らしや高齢者にとっては防犯性の高さも大きなメリットになっています。宅配業者側も何度も配達する手間が省けるので、どちらにとってもメリットのある設備といえるのです。

デメリットがあることも理解しておく必要がある

このように忙しい人にとってはいつでも荷物を受け取ることができる宅配ボックスの存在は大きいのですが、注意点として宅配ボックスを管理するための費用が掛かってくるという点があります。共用の設備は、設置されている数だけ管理するための費用や共益費用がかかります。そのため宅配ボックスが設置されていない賃貸物件と比較すると家賃などが高く設定されている可能性があるので、できるだけ費用を抑えたいと考えている場合は注意が必要です。

また共用の設備なので宅配ボックスが満杯だと自分の荷物が届いても利用できないことがありますし、生ものやあまりに大きなサイズのものなど荷物の種類によっては宅配ボックスを利用できないことがあります。