住人の安全を守ってくれるオートロック

賃貸住宅の入り口のドアがオートロックだと安心

賃貸住宅を探す時には、安心・安全に住めるマンションやアパートを選ぶ事がポイントです。例えば、防犯設備がまったくない場合だと不審者に侵入されるリスクが高くなりますよね。そうなると、治安が多少悪い地域だと不安ですし住んでいるマンションの他の部屋が空き巣被害にあうとさらに不安になります。こうなると、精神的に不安定になりストレスが溜まる生活になるでしょう。そこで、賃貸住宅の共有玄関にオートロックシステムを採用している住宅を選ぶようにします。

共有玄関がオートロックだと、マンション内に不審者が侵入しにくくなるので安心して暮らせる可能性が高いです。ここ数年でオートロックを採用しているマンションも増えていて、そのおかげで比較的簡単にオートロック物件を見つけることができます。

オートロックだからといって安心しない

自分が住んでいる賃貸住宅の共有玄関がオートロックだった場合は、たしかに安心できますが油断すると空き巣被害にあう可能性があります。これは、どういう事かというと例えばあなたが暗証番号を入力してマンション内に入った時にあなたに気付かれずに不審者がドアが閉まる前に侵入するケースがあります。また、後ろにいた人が同じマンションの住民だと思っていたけど実は不審者であなたがオートロックシステムの暗証番号を入力する所をのぞき見されることもあるでしょう。

こうなると簡単に暗証番号を不審者に知られてしまうので、共有玄関でオートロックを解除する時は一度周りに不審者がいないのか確認することが重要です。このように、ちょっと油断してしまうと簡単にオートロックの壁をすり抜けられてしまいます。